洗いすぎはよくない? ニキビ肌を改善する洗顔のコツ

洗いすぎはよくない? ニキビ肌を改善する洗顔のコツ

ニキビができると、皮脂が気になって念入りに洗顔する人も多いでしょう。しかし洗い過ぎはよくない、という話もあるようです。正しくはどのようにお手入れをすればいいのでしょうか? 今回は、洗顔と肌の状態を中心に、ニキビができたときの肌のお手入れについて、医師に話を聞いてきました。 /*<![CDATA[*/ (function () {

ニキビができると、皮脂が気になって念入りに洗顔する人も多いでしょう。しかし洗い過ぎはよくない、という話もあるようです。正しくはどのようにお手入れをすればいいのでしょうか?
今回は、洗顔と肌の状態を中心に、ニキビができたときの肌のお手入れについて、医師に話を聞いてきました。

洗い過ぎてしまった肌の状態

ニキビができたときの「洗いすぎてしまった肌の状態」とはどのような状態なのでしょうか。
・肌のバリア層である皮脂が減少
・角質がはがれすぎている


生活で浴びた紫外線によって、肌の表面である角質ははがれやすくなっています。こうした状態で洗顔が過剰となると肌の水分をとどめておくための皮脂や角質がなくなることで、潤いを保てなくなってしまうのです。

ニキビができてしまった際の正しい洗顔方法

ニキビができてしまうと、ベタつくのが気になるので、ついいつもよりもしっかりと洗顔しがちです。しかし、洗顔でニキビを治すのではなく、肌本来の再生力がニキビを治してくれるのだということを意識してみてください。つまり、古くなった角質だけを落とせばよいのです。

殺菌効果のある洗顔料や、ピーリング作用のある洗顔料を用いるのは、肌の負担となってしまいますので、ニキビを治したい時期には使わないようにしましょう。

洗顔は朝晩2回以内、洗顔料は使わずぬるま湯のみでもよいくらいだと覚えておいてください。
洗顔後、皮脂やてかりが気になるという方は、オイルフリーの化粧水で肌の保湿をしましょう。

その他、ニキビができた際の注意点

1.こすらないこと
Tゾーンなどの汗を拭き取るときは清潔なハンカチやタオルで、押さえるようにして、こすらないよう注意しましょう。汗をかいている肌はデリケートなのでダメージを受けやすくなっています。

特に外出して汗や紫外線を受けた後は肌の角質が落ちやすくなっているので、こすることによって肌にダメージを与えてしまいます。きれいなタオルなどで肌を上から抑える程度にしてください。

2.規則正しい生活週間
健康な肌のために必要なのは、規則正しい生活習慣です。
・適度な運動
・健康的でバランスのいい食事
・睡眠時間の確保

が必要不可欠です。

栄養の観点からは、コラーゲンをつくる材料となる「タンパク質」や「ビタミンC」が役に立ち、肌荒れ防止には「ビタミンA」が重要です。
また、生活習慣として喫煙はビタミンの作用を減弱させるので大敵です。

医師からのアドバイス

繰り返すニキビにお困りの方は、洗顔法や生活習慣を見直してみましょう。よりよい肌環境を手に入れることだけでなく、体の健康につながって一石二鳥といえるかもしれませんね。

(監修:Doctors Me 医師)
  • この記事は、医療・健康に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。記事の内容について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
洗いすぎはよくない? ニキビ肌を改善する洗顔のコツの関連タグ
洗いすぎはよくない? ニキビ肌を改善する洗顔のコツの関連記事