重曹水を飲んで健康サポートできる?嬉しい4つの効果を教えます

重曹水を飲んで健康サポートできる?嬉しい4つの効果を教えます

お掃除やお洗濯などで活躍してくれる、安くて安心な重曹ですが、実は「重曹水」にして飲む事によって、私たちの体に嬉しい効果を発揮してくれると言われています。ここでは重曹水の効果的な飲み方と飲む事でどんなメリットがあるのかをご紹介していきます。

重曹を飲むとどうなるの?

私たちの日常でお掃除などで使う重曹を飲むっていうのはあまり聞いた事ないかも知れません。しかし最近この重曹を水に溶かして飲む事で、私たちの様々な体の不調を改善してくれるということが知られるようになりました。

一体重曹にどんな作用があり、私たちにどんな嬉しい効果を与えてくれるのでしょうか。飲み方の注意点なども含めてご紹介していきたいと思います。

重曹って一体何?

重曹と聞くと、お掃除に使ったりするイメージが強い方も多いと思います。よく100円ショップなどに販売されている物は主に鍋の焦げやお掃除用としての重曹が多いですが、その他で食用でも使用できる重曹があります。

成分の名前としては「炭酸水素ナトリウム」と呼ばれており私たちの体に元々ある弱アルカリ性の物質です。炭酸水素ナトリウムが塩の成分でもあるナトリウムが含まれているので舐めると少ししょっぱい味がします。

お菓子作りに

重曹なんて知らないという方もお菓子などを作るときに使う「ベーキングパウダー」と聞けば、家にある方も多いのではないでしょうか。市販で販売されているベーキングパウダーは重曹の他に重曹を分解する為の酸性成分やデンプン(コンスターチ)などが含まれているそうですが、重曹のみでもベーキングパウダーの役割を果たすと言われています。

歯磨きやうがいにも使える

重曹は歯磨きがわりとして使用する事もできます。昔、歯磨き粉がない時代は塩を使っていたのと同じ原理ですが、この重曹歯磨きで歯の黄ばみを解消できるという噂もあります。また、重曹は飲める為、安全といわれている粉なので、水に溶かしてうがい薬として使用する事で虫歯を予防できるそうです。

また、重曹水を飲む事で癌にも効くいう説もあります。癌は体が酸性状態のときに発症するため、体内を弱アルカリ性の重曹で中和する事で癌をの悪化を防ぐ事ができるという原理だそうです。また喉頭がんや食道がんなどを患い口の中に放射線を当てる場合などは重曹水で放射線を中和させる事が可能だといわれています。

はっきりとしたエビデンスはないのですが、もしこれが本当なら重曹のパワーって計り知れないですよね。あくまでも自己責任ですがもし、上記をお試しになる場合は必ず不純物のない食用の重曹を使用するように気をつけて下さいね。

用途がたくさんある

掃除、歯の衛生、癌予防、料理など様々な用途で使用する事ができる重曹ですが、まだまだたくさんの使い道があります。私が好きな重曹の使い方としては市販で販売されているクエン酸と1:1で混ぜて炭酸ガスを発生させる方法です、

これを水につけると酸性のクエン酸と弱アルカリ性の重曹とが反応してシュワシュワっと反応します。これを利用してまな板の掃除をしたりお風呂にいれて炭酸風呂を楽しむことができるのでおすすめです。

また、重曹単独をお風呂の入浴剤として使う事で重曹の抗菌。殺菌作用が働き、アトピーやカンジタの疾患にも効果があるという説があります。確かに重曹の弱アルカリ性成分は肌をなめらかにしてくれるので効果は期待できそうですが、アトピーの場合は重度の場合は悪化したという話もあるため、もしお試しになる場合は少量の重曹から始めるなどして注意して行って下さい。

重曹水の作り方

すこし塩気のある重曹ですが、一日にどれくらいの量を飲めば良いのでしょうか。また重曹の種類もいくつかありますので重曹水に適したものを選んで使うように注意しましょう。

食用の重曹を買う

重曹水は口に入れるものなので必ず精製された食用か薬用の重曹を使って下さい。重曹には工業用の物や100円均一などでお掃除用というのもありますがそちらも不純物も入っている可能性が高いので飲用には使用しないように気をつけましょう。食用や薬用の重曹は大体1kg500円前後で販売されているようです。

1日に小さじ1杯を数回に分けて

重曹水を作って飲む場合、大体小さじ1杯分ほどの量を毎日飲むとよいと言われています。先に書いたように重曹はナトリウムが入っているのであまり少ないお水に溶かすとしょっぱい味がして飲みにくいと感じる事もあると思います。

重曹水は基本的に害はありませんが、あまり過剰に摂りすぎると下痢などになる可能性もあります。一日に水1リットルに小さじ1杯(3g)程度を一気に摂取せず、小さじ半程度(1~2g)を数回に分けて飲みましょう。

果物を加えてアレンジ

重曹水だけで飲む事に抵抗がある場合は、その塩味を中和させる為にレモンを加えてレモン水にしてみて下さい。レモンのクエン酸と重曹が反応して炭酸水になるのでさっぱり飲みやすくなります。もし酸っぱいのにご抵抗がある場合は、ハチミツを加えてアレンジてみても美味しいですよ。是非お試しください。

重曹水の効果は?

重曹水を毎日飲む事で健康のサポートになると言われていますが、具体的にどういった効果があるのでしょうか。重曹水の持つ成分の働きとともにご説明していきたいと思います。

胃腸が元気になる

体の健康維持に書かせない臓器である胃と腸に不調があると、食欲にも影響したり病気になりやすくなります。しかしこの重曹水はこの胃腸を元気にしてくれる働きもあるそうです。胃の不調は暴飲暴食やストレスなどにって過度な胃酸が分泌してしまい、胃壁を直撃してしまうため起こります。

弱アルカリ性の重曹は酸性と反応して炭酸ガスを発生させますが、この重曹水によって胃酸と中和して、過度に分泌された胃酸を分解してくれるそうです。これによって胃酸が胃壁を攻撃するのが抑えられるので消化不良が改善され、腸にも負担がかからず、胃腸が元気になるそうです。

また、重曹水は飲む人によっても味の感じ方が異なると言われています。体がアルカリ化されている人は無味に感じるそうですが、腐った味と感じる場合は腸内環境が悪く、苦いと肝臓が悪く、すっぱいと腎臓が悪いそうです。これも飲み続ける事で体がアルカリ化するためだんだんと無味になってくると言われています。

疲れが吹き飛ぶ

重曹水は体の疲労回復にも効果があります。そのメカニズムとしては、重曹が水に溶ける事で「ナトリウムイオン」と「重炭酸イオン」とに分かれます。この分解された重炭酸イオンは体の疲労の元となっている水素イオンとうまく結合して、汗や尿となって排出してくれるそうです。

飲むタイミングとしては、水素イオンをうまく排出させる為にもスポーツやお風呂など汗を流す前に重曹水を摂取すると良いでしょう。また風邪を引いて体力がなくなっているときも重曹水を摂取する事で汗と一緒に熱や水素イオンを排出してくれるので、回復は早くなる可能性もあります。

便秘が解消される

便秘のお悩みも重曹水が解決してくれるかもしれません。重曹水は弱アルカリ性のお水ですが、胃酸に反応して炭酸ガスを発生させるとご説明しましたが、この炭酸ガスのシュワシュワが腸まで届き、その刺激によって動きの鈍くなった大腸の蠕動運動を活発にしてくれるそうです。

ダイエット効果もある

重曹水を飲むと炭酸ガスが発生するため胃の中が膨らんで満腹感を感じます。ちょうど食事前に炭酸水を飲むダイエットが流行った事がありましたがそれと同じような効果です。これを効果的にするためには飲むタイミングをお食事の時間の1、2時間前くらいに飲んでみましょう。

また、腸内をキレイにお掃除してくれるデトックス効果もあるので、夜寝る前までに飲めば翌朝にお通じがすっきりと出る確率も上がるかもしれません。どうしても朝にお通じが出ずにすっきりしないとお悩みの方は是非お試しください。

重曹水を摂取するときの注意点

嬉しい効果のたくさんある重曹水ですが、飲む上での注意点そして、病気の治療のないようによっては飲む事を控えなければいけない事もあります。持病を抱えている方などは特に、いきなり摂取するのではなく主治医に相談してからスタートするようにして下さい。

飲み過ぎない

基本的に副作用の少ない安全な重曹水ですが量を飲み過ぎないように注意して下さい。飲み過ぎる事で浮腫や胃腸が悪い方の場合は下痢になったり、胃散がたくさん分泌されてしまう事があるそうです。一日の重曹の最大摂取量は小さじ1杯分(3g)に収めて、数回に分けて飲む事をお勧めします。

用法用量 より

塩分制限している人はダメ

重曹水は塩と同じナトリウムが入っています。そのため病気の治療などで塩分制限している方が重曹水を摂取すると、症状を悪化させてしまう事があるそうです。基本的に摂取しすぎなければ害のない食品ですが、もし病気の治療中などでご心配な方は一度主治医に確認を取ってから摂取するようにしましょう。

まずは少しずつから試してみて!

いかがでしたか?重曹ってお掃除用としてだけではなく、重曹水にして飲む事で、胃腸を元気にしたりデトックス効果があったり、私たちの体の健康維持もサポートしてくれるとってもありがたい食品なんです。

重曹水は本当に手軽に作る事ができるので、お薬を使わずに重曹水で毎日の健康をサポートしていければいいですよね。ただしとっても頼もしい重曹水ですが、摂取し過ぎには十分注意しながらまずは少量から始めてみて下さい。

重曹水を飲んで健康サポートできる?嬉しい4つの効果を教えます の関連タグ
重曹水を飲んで健康サポートできる?嬉しい4つの効果を教えます の関連記事