頭痛が治らない!目の奥や後頭部が痛くなったり吐き気がすることがあるの?ツボなどの10個の対処法や病気のサインをチェック!

頭痛が治らない!目の奥や後頭部が痛くなったり吐き気がすることがあるの?ツボなどの10個の対処法や病気のサインをチェック!

日本人の3人に1人は頭痛に悩まされていると言われています。一口に頭痛と言っても、実に様々な原因が潜んでいます。中には重大な病気が潜んでいることもあるのをご存知ですか?心配な頭痛とはどんな頭痛なのでしょう。また、心配のない頭痛とは?様々な頭痛の原因と対処法をご紹介したいと思います。

治らない頭痛の対処法や考えられる病気とは?

日本では15歳以上の男女のうち、40%弱もの人が何かしかの頭痛を抱えていると言われています。3人に1人以上が頭痛に悩んでいる計算になります。しかし頭痛の専門医は少なくまた、頭痛薬を飲んで済ませてしまう人が少なくないのも事実です。

しかし、頭痛薬(解熱鎮痛剤)を飲んでも頭痛が治らないという事があるのです。頭痛薬を飲んでも治らない場合には、他に何か考えられる原因はないか考える必要があるのです。原因によって対処法は変わってきます。

主に血流の悪化や、眼精疲労、ストレス、脳内の疾病などが考えられますが、脳内の疾病であった場合には早急に脳外科等を受診する必要があります。まずは近隣に頭痛外来がないかどうか確認してみると良いでしょう。

考えられる頭痛の種類と対処法

前頭葉だけじゃなく後頭部に痛みを感じたら「緊張型頭痛」?

頭痛の中でも一番多いとされているのがこの「緊張型頭痛」です。

パソコンなどのデスクワークや、屈んだ姿勢など同じ姿勢を長時間続けている場合に起こりやすい頭痛です。同じ姿勢を続けることで、頸部や肩の緊張が高まり頭痛を起こします。

首や肩の筋肉の緊張や血流の悪化によって、凝りと共に起こりやすい頭痛です。頭を締め付けられるような痛みや圧迫感であることが多いですが、痛みの種類や強さは様々です。頭全体や後頚部に痛みが起こることが多いようです。

ふわふわとした目眩やだるさなどを伴うことがあるため、風邪と勘違いすることも。慢性的に緊張型頭痛を起こす場合には特に、精神的なストレスなどからくる場合もあります。

緊張型頭痛の対処法

緊張型頭痛は、デスクワークなどで同じ姿勢を続けたり、悪い姿勢などによって血流が悪化して起こることが多いため、血流を良くすることで改善することがあります。

時間がないからとシャワーだけで済ませている人は、湯船に浸かる習慣をつけると痛みが軽減することがあります。お風呂の時間に少しゆとりをもって、湯船の中で軽くストレッチなどを行うのがおすすめです。あまり熱過ぎない温度のお湯にゆっくり浸かって血行を促進しましょう。

また、ラジオ体操などの左右対称に使う運動なども効果的です。首や肩だけでなく、全身の筋肉をバランスよく動かすようにしましょう。悪い姿勢も血流の悪化を招きますので、同時に注意が必要です。

そしてネギ類や根菜類、生姜やスパイス類などの食べ物でも血行を良くする効果があるものがあります。そういったものを積極的に摂取することも、症状の改善には大切です。逆にコーヒーなどのカフェインを含むものは、血管を収縮させる作用があるために控えた方が良いでしょう。

食事やお風呂で改善されないときは、市販薬も効果的です。

「片頭痛」は前頭葉以外にこめかみや目の奥が痛む

こめかみや目の奥にも痛みを感じたら、偏頭痛かも知れません。偏頭痛はよく聞く頭痛の一つですが、こめかみを中心に激しい痛みを感じ、吐き気や嘔吐を伴うこともあるほど。動いても何をしていても痛みが持続するために日常生活に大きな支障が出る可能性もあります。

30~40代の女性では5人に1人という程女性に多く、光や音の刺激に敏感になります。酷くなると目眩を起こすこともありますので、よくあることだからと軽視せずに病院にかかることをお勧めします。

偏頭痛は脳内の血管が何らかの刺激で収縮し、急激に元に戻ろうとすることで神経を刺激したり炎症を起こすなどで発生します。はっきりとした原因は定かではありませんが、ホルモンバランスの乱れや、ストレス、アルコールや煙草などの嗜好品などによるのではないかと言われています。

チョコレートやチーズ、赤ワイン、コーヒー・紅茶・お茶、スナック菓子などでも起こる可能性があるとも言われ、また頭痛薬の飲み過ぎによっても引き起こされることがあると言われているために注意が必要です。

片頭痛の対処法は冷やすこと!痛みを和らげるツボ4つ

偏頭痛は血管の拡張が原因となるため、冷やすのが良いでしょう。温めた方が良い緊張型頭痛とは逆で、冷たいタオルや、タオルを巻いた保冷材などで冷やすと血管の収縮に繋がり、痛みの軽減に役立ちます。

光や音などの刺激も痛みを増加させる可能性があるため、暗くて静かな場所で休むようにしましょう。

「完骨(かんこつ)」「天容(てんよう)」「瞳子髎(どうしりょう)」「外関(がいかん)」などのツボは偏頭痛の痛みを和らげると言われています。

・完骨…耳の後ろの出っ張った骨の下にある窪み
・天容…あごの終端あたりにある窪み
・瞳子髎…目じりのくぼみ
・外関…手をそらした際に手首に出来る皺から指3本分程度手前

完骨や天容は優しく、外関は強めにツボを刺激すると良いようです。

「群発頭痛」は目の奥に激しい痛みが続く

慢性頭痛では比較的少ない群発頭痛ですが、20~40代以降の男性に発症することが多く、主に片方の目の奥に激痛が起こるのが特徴です。特に季節の変わり目などに起こる、決まった時間・季節などにサイクル的に起こるという事が多いようです。

一度起こると、長くて2か月程度続くこともあるため身体にも負担が大きく、痛みで眠れないなど日常生活に支障が出やすいので注意が必要です。

原因は定かではありませんが、目の後ろ側にある血管が腫れて周りの神経が刺激されることによって引き起こされると考えられています。自律神経が刺激されるために、涙や鼻水が出たり、額に汗をかいたりといった症状も同時に起こることがあります。

群発頭痛の対処法

群発頭痛は、あまりに激しい痛みのために他の脳性頭痛と判断するためにも病院で診断をしてもらうことが大切です。

頭痛の予防と共に、起きてしまった場合には酸素吸入や皮下注射、点鼻薬などで対処します。酸素吸入は痛みの軽減になりますし、皮下注射や点鼻薬は鎮痛効果が比較的高いようです。群発頭痛を予防する薬というのもありますので、予防のために服用するという方法もあります。

また、群発頭痛を起こしやすい時期などにはアルコールを控えたり、入浴はシャワーで済ませるなど血管を拡張するようなことを避けると良いでしょう。

狭心症などでニトログリセリンなどが処方されている場合は、血管の拡張作用がありますので医師に相談が必要となります。

めまいや吐き気などの症状がない場合は「後頭神経痛」かも?

後頭神経痛は、後頭部の頭皮の表面にピリピリ・チクチク・ズキズキするような痛みがあります。痛みの程度には個人差があり、酷い場合には何もできなくなる程に痛むというケースもあります。

目の奥や耳の後ろあたりが同時に痛むこともあり、後頭部の強い痛みから病院を受診するというケースが多いようです。前触れもなしに突如痛みが発生し、1週間程度で気が付かないうちに痛みが治まるというのも特徴的です。

ただし、後頭部の激しい痛みは後頭神経痛の他に脳性疾患や頸椎疾患の恐れもありますので、自己判断をせずに脳神経外科などを受診して診断してもらう方が安心です。

後頭神経痛の対処法

後頭神経痛はストレスや生活習慣などから起こると言われており、睡眠不足や労働過多、運動不足気味や姿勢が悪いなどの場合に起こりやすいので、ストレスから解放されたり、健康的なライフサイクルになると起こりにくくなるようです。

ストレスのない生活というのは難しいことですが、原因がストレスにあることが多いために出来る限りストレスを溜め込まないよう心身ともに健康的な生活を送るように気を付けましょう。

特に睡眠不足はストレス状態を悪化させる大きな原因となります。出来るだけ適切な睡眠時間を心がけましょう。

薬剤誘発性頭痛

偏頭痛や緊張型頭痛など、普段から頭痛もちの人というのは薬剤誘発性頭痛を起こすことがあります。頭痛の痛みを抑えるために頭痛薬を飲み過ぎることによって、毎日頭痛が起こるようになる状態です。これは、市販薬でも、医師からの処方薬でも同様です。

月の半分以上が頭痛に悩まされていて、10回以上薬によって頭痛を抑えているという人は薬剤誘発性頭痛の可能性があります。その他にも寝起きから頭痛があったり、最近頭痛薬が効かないと感じていたり、頭痛の度合いが酷くなってきているというような場合には注意が必要です。

鎮痛剤で痛みを無理やり抑えることで、脳が痛みに敏感になってしまうのです。痛みに敏感になるために、頭痛の回数も増え、更に薬も効きにくくなっていくという悪循環に陥ります。

薬剤誘発性頭痛の対処法

薬剤誘発性頭痛を起こしてしまっている場合には、原因となった薬剤を中止する必要があります。

鎮痛剤を中止するために、再度頭痛が起こってしまった場合(反跳頭痛)には別の治療薬で対応すると共に、頭痛の記録が有効とされています。頭痛が起こる日数と、薬を飲んだ回数や状況などを正確に把握することで、頭痛に対する意識を変えるという事が大切なのです。

頭痛は生活の質を落とす重要な疾患ですが、薬だけに頼った痛みの緩和は根本的な治療にはならないだけでなく、更に悪い状態へと移行してしまうという事を意識する必要があるのです。

それでも治らない頭痛は病院へ!何科を受診すればいいの?

頭痛患者の90%以上は緊張型頭痛や偏頭痛などで占められています。しかし頭痛の中には放っておくと命に関わる病気が潜んでいる場合があるのです。

確率としては、そんなに高い物ではありません。しかし命に関わる心配な頭痛なのか、心配の要らない頭痛なのかを知っておくことは、手遅れにならないためにもとても大切なことです。

特に普段から頭痛もちだったり高血圧など他の持病がある人というのは、この「心配な頭痛」に気づかない恐れがあります。いつもと違った痛みや症状があった場合には、病院を受診して正しく診断してもらった方が安心です。

頭痛外来がある地域に住んでいる方は、頭痛外来が良いでしょう。頭痛外来がある医師会は多くはないため、ない場合には総合外来のある病院や、心配な症状がはっきりしている場合であれば直接脳神経外科などでも良いでしょう。

治らない頭痛は危険な病気のサインかも

くも膜下出血

脳は頭蓋骨側から硬膜・くも膜・軟膜の3枚の膜に覆われていますが、このくも膜と軟膜の間の脳脊髄液がある部分に出血を起こすのを「くも膜下出血」と言います。

大きな特徴は、ある時突然激しい頭痛が起き、それが継続することです。「~頃から痛くなり始めて…」というのではなく、「○時○分○秒から痛み出した」というように頭痛の始まりが明確なのです。前駆症状として軽い頭痛が起きてから激しい頭痛に移行することもあります。

出血量が多い場合には即意識がなくなり、酷い場合には病院へ着くまでに亡くなる場合もあります。

脳腫瘍

脳腫瘍は、腫瘍が出来る場所によってタイプが異なります。

神経膠腫(グリオーマ)は脳腫瘍の25~30%を占める悪性腫瘍で、周りの脳に浸み込むように成長します。そのため、正常な脳との境目が曖昧で治療が難しくなります。

また聴神経主要や髄膜腫、下垂体腫瘍など様々なタイプの脳腫瘍がありますが、いずれも頭蓋骨内に腫瘍を作るために頭蓋内圧亢進症といって、内部を圧迫することにより頭痛を起こすというもの。

朝起きた時に頭痛が起きる、突発的に吐き気を起こし吐くとスッキリするなどの症状が出やすいようです。また腫瘍の出来た箇所により、様々な症状が起こります。

ひきつけ・運動障害・言葉が出にくい・難聴・耳鳴り・めまい・視野狭窄・などの症状が頭痛に伴って起きている場合には、脳外科等で検査した方が良いかも知れません。

解離性動脈瘤

解離性動脈瘤は、破裂するとくも膜下出血に繋がる重大な病気です。解離性動脈瘤で血管が閉塞したり、解離した部分についた血栓が流れて脳梗塞を起こすこともあります。

動脈に解離が生じた際に頭痛を起こすことがありますが、頭痛の症状からでは通常の心配のない頭痛と区別することが極めて難しいとされています。

80~90%はうなじの部分から脳幹に至る椎骨動脈に発生し、うなじから後頭部にかけての強い痛みを感じ、そこからくも膜下血腫や脳梗塞に至る場合は数日程度であることが大半です。痛みが発生しても、そのまま無症状で終始することもあるようです。

慢性硬膜下血腫

数週間以内に頭を強くぶつけたりした場合などに、硬膜下で出血を起こすことがあります。通常は自然と吸収されて消えていきますが、吸収が追い付かない場合などには慢性硬膜下血腫となり頭痛などの症状を引き起こし始めます。

特にお年寄りや、お酒をよく飲む人、抗凝固薬などで血液が固まり難くなっている場合に起こりやすいと言われていますが、子どもや若い人でも強い衝撃を受けた場合には注意が必要です。頭部に強い衝撃を受けてから数週間経過してから症状が現れるので、原因に気づかないこともあります。

脳内の血腫の場所により、様々な症状が出てきます。頭痛や吐き気・めまいの他、足元がふらついたり、片方の手足に痺れが出る、失語や痴呆症状なども慢性硬膜下血腫の症状の一つです。

お年寄りの痴呆症状が、実は慢性硬膜下血腫だったという事もあります。比較的簡単な手術で治療可能なことが多いため、強く頭を打ったなど思い当たることがあったり、痴呆などの脳性の症状が現れた場合には一度受診してみると良いでしょう。

ウイルス性髄膜炎

主にコクサッキーやエコーなどの腸管ウイルス、エンテロウイルスなどが脳に入り込み、炎症を起こしてしまうのが髄膜炎です。大抵の場合は自然と治ることが多いですが、酷くなると脳炎を起こすことがあります。

・日本脳炎
・急性白灰髄炎(ポリオウイルスによる)
・狂犬病
・流行性耳下腺炎性髄膜炎
・種痘後脳炎
・風疹性脳炎

などが知られています。細菌感染による髄膜炎と同様の症状を示し、頭痛の他に全身のだるさや悪寒・高熱、筋肉や腰の痛みなどがあります。他にも吐き気や意識の混濁、痙攣、こわばりなどの症状も出ることがあります。死に至ることもあるため、早めに診察を受けるようにしましょう。

寝ても治らない時に考えられること

妊娠中や産後の授乳中など薬に抵抗がある時の頭痛

日本人の多くの人が悩まされている頭痛ですが、妊娠中などは薬での鎮痛は抵抗がある人が多いのではないでしょうか。実際に妊娠中や授乳中は投薬の制限が多く、内科などを受診しても「産科の担当医に相談してください」と言われることが殆どです。

特に妊娠中に起こりやすいのは「緊張型頭痛」。お腹を庇う、乳房が大きくなる、動きが取り難くなるなどの原因から身体に負担がかかり凝りなどから頭痛を起こしやすくなるようです。妊娠中に眠気が強くなる人は、寝ることが原因で凝りを起こし頭痛に繋がってしまう可能性もあります。

緊張型頭痛だと感じたら、少し身体を動かすようにしましょう。

携帯やPC、細かい作業などでの眼精疲労から頭痛が起こることもあります。目が疲れていると感じたら、目を休めるなど工夫して頭痛を回避しましょう。

あまりに酷い頭痛の場合には、かかっている産婦人科医に相談しましょう。妊娠中でも飲める薬がありますので、必要に応じて処方してもらえる可能性があります。

まとめ

頭痛が治らないと、せっかくの楽しい時間も台無しになってしまいます。そして一度頭痛が起こると繰り返しやすいというのも意外と厄介。生活のクオリティも下がってしまいます。

たかが頭痛、薬を飲めば大丈夫なんて思っていると、思いがけない病気が待っていることもあります。頭痛が続いたり、我慢しがたい頭痛を感じたら市販の頭痛薬で誤魔化さず、病院で診察してもらいましょう。

頭痛が治らない!目の奥や後頭部が痛くなったり吐き気がすることがあるの?ツボなどの10個の対処法や病気のサインをチェック! の関連タグ
頭痛が治らない!目の奥や後頭部が痛くなったり吐き気がすることがあるの?ツボなどの10個の対処法や病気のサインをチェック! の関連記事